【尾車親方の目】正代よ 強かったことをDO NOT FORGET : スポーツ報知

◆大相撲 ▽秋場所9日目(19日、東京・両国国技館)

西前頭 4 枚 目 ・ 高安 が 、 以降 以降 2 位 の と と なる 46 場所 ぶり を を 獲得 し。 横綱 横綱 ・ を を 押し出し 2 敗 を キープ。 全勝 で 単独 トップ トップ を た 西 前頭 前頭 前頭 前頭 前頭 前頭 前頭目 ・ 北勝 富士 と は 2 差 だ が 、 横綱撃破 の 勢い で 白星 を 並 べ べ 優勝 優勝 を 大関 大関 も 敗れ 、 今 場所 2 度目 の 陣 全員 全員 黒 星。 番付上 番付上 の 、 大関 大関 が 全員 出場 出場 出場 出場 出場 出場の総崩れが1場所に2度起こるのは、昭和以降初の屈辱となった。大関・正代は負け越したむ

* * *

正代 に 問い たい。 大関 とし て 9 9 日 目 の の 負け越し に どう 対峙 (する する? 宇良 の の 一番 怯 ((おび えながら 相撲 取っ 取っ て い い。。 蛇 に にらまれ た カエル の の の の のに足はバタバタ。前に出ようという気迫すらなかった。

気力 を 振り絞っ て いる かもしれない が 、 が が 見え ない。 が が 悪く て も 後半 直し 直し て 勝ち越し 実績 が が ある 「「 今 も 大丈夫 だろ う 」と いう 甘い 気持ち 気持ち が た のではない か か か か か か かの緩みが9日目での負け越しとなったのではないか。

心技体 が 悪い から ゼロ から 再 スタート なる なる だろ う。 は は 稽古 と 本 場所 し し て いる 胸 を を 反っ 顎 顎 を に 向け た 立ち合い 、 腰高 、 馬力 不足 不足 など 稽古 場 で で で で で で でしかない。 来 場所 は 5 度目 の。。 大関 から し し てもいい じゃない か。 じっくり て て ほしい。 は は そこ 落ち てしまっ てしまっ て。 最後 「「 強かっ た た 大関 大関 に 上が れ た 」という という という という というをDO NOT FORGET(決して忘れるな)だ。
(尾車親方=元大関・琴風、スポーツ報知評論家)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*